旅の情景展まとめ その4(作品について)

作品に対するご意見や好評だったものについて

■油彩
F30の油彩(紅葉の絵)、長細い潟分校(廃校の絵)、夕暮れ三部作、タイとカンボジア(泰麺鉄道)、犬のコラムなど。購入した額と手作りの額、どちらも使用したのですが、思いのほか、手作り額が人気でした。絵をじっくり見る事が出来て良い等、ご意見いただきました。

■愛の淵(F30,キャンバス)
大好きな人達の笑顔を心に思い浮かべながら制作しました。
今を精一杯生きるという事、たゆたう日常。
※キーワード:黒=永遠、赤(紅葉)=命、金色(散る葉)=命、刹那
愛の淵
大切な誰かを思うという事。
命には確かに終わりがある。それでも、終わりがあって、必ず始まりもあるはずだから。
受け継がれて行く想いも、願いも決してゼロにはならない。
それが、生きている人の強さ、いや 生命の強さ なのだ。



■霧ヶ峰(F6,キャンバス)
霧ヶ峰


■潟分校(変形,キャンバス)潟分校
ほか


■水彩
式根島
・卒業制作コーナー
・廃線、海、夕暮れ、夕暮れとひまわり
ほか多数。
マニアックなものでは、桜と廃車が友人に好評でした。
水彩画の好評得たものについては、人気投票の結果をご覧いただければ幸いです(^^)


■コラム等
絵だけでないのが良いと、コラムも好評いただきました。有り難うございます!!
じっくり地図入りのコラムを読んでくださる方もいて、非常に嬉しかったです♪
たびコラム


<展示の流れ>
・はじめに
(油彩の展示)
(水彩の展示) 
(旅行コラム/人気投票)

<休憩スペース> 
【創作絵本】うみのなか
【作品集】
【グッツなど】

・プロフィール
・終わりに

展示のレイアウトを検討する上で大事な事は、見せたい絵はどれかを決め、
またライト、光の当たり方を検討する必要があります


■関連記事■
個展を終えて/ご挨拶と会場写真/概要/アクションリスト/人気投票/講評
スポンサーサイト

【旅の情景展】人気投票結果

個展にて、行った水彩画の人気投票の結果をご紹介します♪

のべ291票(一人3点)
※単純計算すると、97名もの方にご投票いただいたことになります。
それでは、いよいよ人気投票の結果です。ありがとうございました。

☆人気投票結果☆
人気投票


1位 紫陽花と石段 20票
人気投票1
多くの方にご投票いただいたものは、紫陽花をテーマにした絵でした。紫陽花や木々の表現に苦労した甲斐があります!

2位 伊根の町並み 17票
人気投票2
二位は、個展の案内にも使用した伊根町の景色です。細かな書き込みが良かったと、ご好評いただきました。モデルにした時期は、5月頃の新緑の季節です。


3位 夕暮れ、海 各16票
人気投票3
男女問わずに好評いただいた風景です。夕暮れの懐かしい景色や、海のただひたすらな青が良い、というお言葉をいただきました!ありがとうございます^^


4位 式根島 各15票
人気投票4
出入り口付近に展示していました。F30サイズです。小さな絵に比べて迫力があったからでしょうか。伊豆諸島の式根島がモデルです!島の海は、島の成り立ちによって景観がかなり異なるので、比べてみると面白いかもしれませんね!


5位 夕暮れとひまわり 各14票
人気投票5
女性に人気でした。ひまわり単体の絵よりも人気だったのは予想外でした。

5位以下

6位  廃線           13票
     舞鶴の赤れんがパーク   13票
7位  ヨーロッパ町並み     12票
8位  海全景(卒制ポスター)    11票
9位  漁港           10票
    白川郷           10票
    福島の森          10票
10位 桜とチューリップ      9票
    里山の春          9票
11位 トンネル          8票
12位 朝焼け           7票
    桜             7票
13位 弁天岩           6票
    小川            6票
    ひまわりと小道       6票
    桜と廃車          6票
ほか5票以下 23点
0票の作品はありませんでした。思いのほか、まんべんなく票が入った様に思います。

皆様ご協力有り難うございました!厚くお礼申し上げます♪

■関連記事■
個展を終えて/ご挨拶と会場写真/概要/アクションリスト/人気投票/講評

旅の情景展まとめ その2(アクションリスト)

アクションリスト
個展受付
行動した流れ

2012年11月
計画を立てた、目標になったのがこの頃だったと思います。
本当に皆様の励ましのおかげです。

2013年11月
6ヶ月先の予約開始日。それまでは展示室見学や情報収集を重ねました。

11/1 
抽選会のへの参加(展示室Cの予約)
個展レイアウト、油彩の手作り額制作

2014年1月28日
案内はがきの発注、色の校正有、目録の作成(未使用)

3/15 
額等の買い出し、水彩用の台紙など購入
水彩で使用した台紙は、カラーケントの黒です。紙類は、空調の関係でたわむので要注意です!

3/21 
展示室の見学(展示室のグレードアップC→B)
追加代金の精算。展示方法の検討

4/19
二回目の見学、材料の買い出し

4/22
・キャプション(作品)
・作品集
・アンケート
・つれづれ日記
・はじめに、終わりに、プロフィール(挨拶文)→のりぱね
・コラムなど(旅コラム、写真、人気投票、ポストカード)

5/1 搬入日
5/2~6 展示、芳名帳準備→5/6搬出



【その他】
文化センターへの提出物ほか
①広報にのせる
②販売許可書(ポストカードほか)
③展示パネルの使用の有無

DMを配る
カフェ、薬局、大学、世界堂など画材屋さん、またPixivなどでのPR
沢山の方にご協力いただきました。誠にありがとうございました。


その3(水彩画人気投票結果)へ続きます!

■関連記事■
個展を終えて/ご挨拶と会場写真/概要/アクションリスト/人気投票/講評

旅の情景展まとめ1(概要)

潟分校『潟分校』油彩

■会期
2014.5.2~5.6 ※5/1が搬入日
10:00~21:00(最終日は13:00) ※入場無料

■会場:
さいたま市文化センター 展示室(B)南浦和

■Staff:
misato
※スポットライトや片付けを手伝ってくださった方、ありがとうございました!

■Thanks
ご来場いただいた皆様、友人知人、職場の皆様、文化センターの皆様、指導をいただきました先生、そして何より家族のみんな、誠にありがとうございました。

■来場者:148名(おおよそ、通りすがりの一般含む)ほど
<内訳>
5/1 1名
5/2 18名
5/3  38名
5/4  33名
5/5  32名
5/6  26名

■開催のキッカケ
1.日本の魅力を伝える
日本で見つけたオススメスポット
2.目標達成のため
個展を開催して欲しいという声を聞いて、それが自分の目標になった。
絵を描く事の意味を、肯定してもらって、それが非常に救いになった。
3.今までお世話になった方々とお会いする機会作り
また、人が来て、ホッと出来るような空間を作りたかった。

■楽しかった事、感動した事
・母親からの励まし
・繋がったご縁
・やりきった充実感、達成感
・通りすがりの方にも良かったと声をかけていただけたこと
・友人からのサプライズプレゼント(手紙)
・画家の先生にも見ていただけた事
・5/1の搬入時に、ふらっと立ち寄っていただけた職場の方
搬入時、展示室から自宅へと向かう車の中、感慨深く涙が出てきた。
搬出時、沢山の絵と花束をもって自宅へと向かう、沢山の想いが詰まった空間だった。

■辛かった、大変だった事
・5/1の搬入
どこから手をつけて良いものか、終わりが見えない、孤独との戦い
→対策:イメージ力、効率を考えて動く、今だけでなく2〜3段階先を読んで行動。またとりあえず展示し始める。
・案内はがきの制作
イタリア旅行と重なって大変でした。業者に発注するにはコツがいることも実感です。
1500部刷り、500部ほど余りました。
・孤独
来客には波があり、夜等は来客が少ないため、片付けをしてました。
・片付け
まとめ、お礼等、収集がつかず...
・体力的な疲労

■反省点
・一般の方の入場のしやすさ
遠くから見た際に、何をやっているのか、自由に入っても良いのか、興味を持ってもらえるワンポイントが必要。また、入場しやすい雰囲気(受付に居ない方が入場しやすい)
・個展開始、終了の時間
終了の時刻が遅いと、終了後の片付け、次の日に向けての準備ができない。
また不足品の買い物ができず。
・キャプション等
ノリパネに貼った案内などを落とさない(角が潰れると見栄えが更に悪くなる)

その2へつづきます

■関連記事■
個展を終えて/ご挨拶と会場写真/概要/アクションリスト/人気投票/講評

【旅の情景展】お礼のご挨拶/写真

個展2
旅の情景展
2014.5.2~5.6
さいたま市文化センター 展示室

先日無事、終える事ができました。
沢山の励ましをいただきました友人の皆様、
ご理解とご協力をいただきました職場の皆様、
丁寧なご指導をいただきました絵画教室の先生、皆様
厚くご支援、ご協力をいただきまいした文化センターの方々
そして何より、いつもそばで応援してくれたお母さんや家族のみんな
厚くお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

はるばる遠方よりお越しいただいた方もいて、非常に嬉しかったです。
有り難うございました!!

5日間の開催で、およそ150名もの方にお越しいただきました。
個展絵画展に関する知識もほぼない状態からはじめて、ここまで形にすることができました。展示室の抽選から打ち合わせ、搬入展示、受付までほぼ全てひとりでこなし、大変なこともございまいしたが、苦労以上に多く感動と出会いがありました。良かったと楽しんで下さった方々、夢を追いかける姿がまぶしいと仰っていただけたこと、また先生と呼んでいただけた事、そして再び繋がる事ができた沢山のご縁。
そこには沢山の方の笑顔や、想いが詰まって、私にとって、とても懐かしく温かい空間でした。せっかくなので、記録としてブログに日記を順次アップしていきたいと思います。

【会場の雰囲気】
*受付
個展写真7

*入り口
個展写真2
個展写真8


*室内
個展写真4
個展写真10

*人気投票
結果は後日!
個展写真6

■関連記事■
個展を終えて/ご挨拶と会場写真/概要/アクションリスト/人気投票/講評

【個展】個展を終えて

無事、個展が終了しました。
様々な方にお越しいただき、誠に光栄でした。

片付けたが未だに終わらない状況のなので、もう少し落ち着いたらブログにアップしたいと思います!!また、水彩画の人気投票の結果等も少しずつ集計できればと思います!!

誠にありがとうございました。
皆様のおかげで、本当に充実した一週間でした(*^^*)



2014.5.11 
misato