旅の情景展まとめ その4(作品について)

作品に対するご意見や好評だったものについて

■油彩
F30の油彩(紅葉の絵)、長細い潟分校(廃校の絵)、夕暮れ三部作、タイとカンボジア(泰麺鉄道)、犬のコラムなど。購入した額と手作りの額、どちらも使用したのですが、思いのほか、手作り額が人気でした。絵をじっくり見る事が出来て良い等、ご意見いただきました。

■愛の淵(F30,キャンバス)
大好きな人達の笑顔を心に思い浮かべながら制作しました。
今を精一杯生きるという事、たゆたう日常。
※キーワード:黒=永遠、赤(紅葉)=命、金色(散る葉)=命、刹那
愛の淵
大切な誰かを思うという事。
命には確かに終わりがある。それでも、終わりがあって、必ず始まりもあるはずだから。
受け継がれて行く想いも、願いも決してゼロにはならない。
それが、生きている人の強さ、いや 生命の強さ なのだ。



■霧ヶ峰(F6,キャンバス)
霧ヶ峰


■潟分校(変形,キャンバス)潟分校
ほか


■水彩
式根島
・卒業制作コーナー
・廃線、海、夕暮れ、夕暮れとひまわり
ほか多数。
マニアックなものでは、桜と廃車が友人に好評でした。
水彩画の好評得たものについては、人気投票の結果をご覧いただければ幸いです(^^)


■コラム等
絵だけでないのが良いと、コラムも好評いただきました。有り難うございます!!
じっくり地図入りのコラムを読んでくださる方もいて、非常に嬉しかったです♪
たびコラム


<展示の流れ>
・はじめに
(油彩の展示)
(水彩の展示) 
(旅行コラム/人気投票)

<休憩スペース> 
【創作絵本】うみのなか
【作品集】
【グッツなど】

・プロフィール
・終わりに

展示のレイアウトを検討する上で大事な事は、見せたい絵はどれかを決め、
またライト、光の当たり方を検討する必要があります


■関連記事■
個展を終えて/ご挨拶と会場写真/概要/アクションリスト/人気投票/講評
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する