【ネパール一人旅】概要

久しぶりの更新となりました!
決してブログのことを忘れたわけではないのですが、
何を思ったか、ネパールへと行きました。
本当は、就職活動しなきゃ〜とか、いろいろ焦りもあって、悩んでいたのですが、
正直オーストラリアでの経験が、すごく不完全燃焼感があって悔しかったんです。
もちろん、旅行先としては、楽しかったですけど。
それで、行き先として決めたのが、なぜかネパール...
アジア圏で行ったことがないところ&父が20年も前に行った国だったので、興味があり...

期間は、2017年2/18ー3/4の15日間です。
アライバルビザ (15日間、25米ドル)も現地で取得しました。
航空会社は、キャセイパシフィックの香港経由で、航空券は8万円ほど。
物価は、日本と比べると、とても安いです。
宿は、800ルピー〜1000ルピーの宿、 (100円=92ルピーです。)
ドミトリーに宿泊すれば、400ルピーで泊まれます。
美味しいパンが、20ルピーだったり、ローカルバスが、50ルピーだったり。

ネパールという国は、すごい国でした。
awful (酷い)と、awesome (凄い) が両立してる国でした。
とても辛かったし、とても楽しかった。

衛生面と電気、水道、道路の社会インフラは、芳しくないですが、
ネパールの人の素朴さと、温かさはすごく良かったです。
親日だし、とても親切でした。

最初は、カトマンズのタメル地区 (安宿街)の、
騒音、埃、しつこい客引き、ぼったくり、迷子になりかねない道の難しさ
に相当参っていたのですが、どうにか落ち着ける宿と、
日本人の仲間を見つけて乗り切ることができました。

観光先は、
・カトマンズ (スワヤンプナート、パシュパティナート、ダルバール広場)
・ポカラ (プーンヒル3210m 二泊三日のトレッキング)
・ナガルコット (ヒマラヤ見れず)
・バクタプル
・パタン
・チャング・ナラヤン などです。

カトマンズの汚さと、騒音も、あれはあれで、いい雰囲気なのですが、
トレッキング中に見たプーンヒルからの、山々の神々しさは凄かったです。
感動でした。
また、世界遺産バクタプルの街並みも良かったです。

一番良かったことは、人との出会い。
旅をされている日本人の方、ネパールの人との会話、海外の旅行者。
英語は、拙いけど、もっと勉強しようと思いました。
拙いけど、ここまでこれたのは、オーストラリアでの経験があったからだと思います。

ゴレパニからタトパニへと下る途中で見た、山と集落、段々畑。
現地のローカルバスで移動しながら、異国に思いを馳せた時。
日本での自分と、いろんな思いが交差して、胸に熱いものがこみ上げてきました。
泣きたいような、苦しいような。
そんな時、ネパールの人は、どうしたの?大丈夫?って心配してくれるから、
さらに温かいんですよね。

カトマンズの朝の賑わいも、すごく好きでした。
たくさんの露店、野菜売り、揚げ物屋、ヨーグルト屋 (ズーズーダウ)、果物売り、チャイを売る、祈りを捧げる人たち。。カトマンズもとてもオススメです。

少し、時間がかかるかもしれませんが、ネパールの記事もまとめたいと思います。
放置がちですが、どうぞブログをよろしくお願いします!
スポンサーサイト
コメント

お疲れさまです

なんと!今度はネパールですか。
凄い行動力😊
夏は北海道行くのかな?

Re: お疲れさまです

> 九段下@ZIMA 様
コメントありがとうございます !!
そうなんです、ネパール行きました (笑 )

いろんな意味でハードでした !
でも、いい国でした。
4月中には、海外は一通り終わらせて、
そろそろ働こうかと。
合間を見て、北海道も行きたいですね〜 !
夏の北海道を満喫したいです^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する