FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2017春アメリカ・グランドサークル】4日目

3/30 4日目
DSC_4291.jpg
今回は、モニュメントバレーへと走ります !
な〜んもない道をひたすら走ります !赤茶の大地が面白い !!
写真は、蜃気楼の一種、逃げ水が映りました。

途中、カエンタ Kayentaのガソリンスタンドで給油。
ワンちゃんが可愛い !!
DSC_4286.jpg
ちなみにお腹が空いた時は、スーパーで適当に、パンとサラダを購入して食べます。
アメリカのRanchドレッシングは、マクドナルドの味を思い出しました (笑)


ユタ州突入 !!
DSC_4327.jpg


■モニュメントバレーへ
DSC_4335.jpg
一応、旅の大きな目的地の一つでもあるモニュメントバレー。
個人的には、好きな映画「フォレスト・ガンプ」に出てきた舞台として、いつか見てみたい。
その場所まで自分の運転で行ってみたいと夢に見ていた場所でした。

人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない
(Life is like a box of chocolates. You never know what you're gonna get.)

は、名言ですね !ロケ地は、どこだろう〜と探して回ります (笑 )

いろいろと、テンションが上がっていたんだと思います。
車のエンジンをかけたまま、車から出てしまい、車の締め出し。
誰も乗っていないのに、内側から鍵がかかってしまい、私の荷物は、カメラだけ 。
もちろん、中に入れません。
最近の車って、勝手に、鍵がかかるんですね、知らなかった〜。
さすがのトラブルに焦りますが、通りすがりの車を必死な思いで捕まえて、助けてくれませんか〜と叫びます。武田鉄矢の「僕は死にましぇん」並みです。

アメリカの方って、親切だなぁ〜って本当に思いました。
通りすがりのアメリカ人男性親子に、近くのガソリンスタンドまで乗せていただいたり、修理会社?を呼んでくださったり、お金もパスポートも車の中で、あまりにも不憫に思ったのか、20ドルをいただいて、これで何か食べなよ、、、と。
申し訳なさすぎて、受け取れないよと伝えたのですが、せっかくなので、ありがたく受け取ることにしました。額に入れて飾りたいぐらいです。

助けてくださった、男性親子にお礼を伝えて、車を開けてくださるサービス会社の方を待ちます。泣きたいような、笑いたいような変な心境でした。ああ〜やっちゃったなぁと。
その後、カエンタから、来てくださったサービス会社のご夫妻の華麗なテクニックで、空きました。そのご夫妻もとても、フレンドリーな方で、どうしたら、そうなるんだと、爆笑されます。
自分は、興奮していたんだと、必死に説明。
本当に、いい思い出になりました。

DSC_4418.jpg
また、アメリカに行きたいと思う、理由にもなりました。
時間がないので、宿を求めて走ります。


■宿
DSC_4423.jpg
MonticelloのMonticello innに宿泊。飛び込みで入ったら、割引してくれました♪
めっちゃフレンドリーな、オーナーです。
片言英語で、「車 締め出し、部屋 締め出し」 (またもや、鍵さしたまま外出して、結局開けてもらった)「私は愚かだ〜、今日ついてない」と言ったら、笑ってくれました (笑)


■一覧はこちら
アメリカ 概要1/概要2/1/2/3/4 /5(次)/6/7/8/9〜終/ブライスキャニオンの森 (絵)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。