【走行距離3000キロ】兵庫・京都へ車一人旅 七日目5/3

今回は、念願の伊根の舟屋群。
学生時代から思い続けて、ようやく達成する事ができました♪


【過去の記事】
兵庫・京都へ車一人旅 一日目埼玉〜富山
           二日目能登半島
           三日目福井
           四日目福井〜京都〜琵琶湖
           五日目京都舞鶴人情編
           六日目京都天橋立

***

七日目5/3

早朝の風景。
兵庫車一人旅7-1

伊根の探索は、ぜひ早朝をおススメする。
漁から戻った漁船、本当の伊根の風景があった。

兵庫車一人旅7-3

朝にしか見る事のできない、伊根のにぎわい。
鳥が群れて、漁船をお出迎えする。
私の見た事の無い風景、この町の生活をのぞき見る事ができる。

兵庫車一人旅7-2
兵庫車一人旅7-4
兵庫車一人旅7-5


お昼には、海鮮丼を食べ、遊覧船へ。
遊覧船は風が気持ちよかった、これはオススメ。
カモメが舞って、空高くツバサを広げる。
兵庫車一人旅7-6
兵庫車一人旅7-7


伊根を堪能した後、海沿いを走り、竹野海岸を目指す。
途中、道の駅で黒豆アイスを食べる。今回の旅で食べたアイスクリームの中で一番のオススメ。ご当地らしさもあって、尚の事良い。

一人、ガソリン残量に危機感を残しながら、入り組んだ道を走る。
右手には、日本海。差し込むオレンジ色の光。
寂しい夕暮れの色。孤独感に打ちひしがれて、思わず涙があふれた。
本当に、寂しい時は親や親しい人に電話出来ないものだな〜と実感した。
きっと声を聞いたら、居ても経ってもいられないだろうな。
辛くたって寂しくたって、成し遂げなければならない目標、目的地があったら、それでも前に進む事を決めた。

旅の最終目的地、竹野海岸。鎧駅。
数年前に成し遂げられなかった、目的地。
あてもなく一人旅をする、という不安をに怯え、成し遂げられなかった過去の自分を越えるとき。
だからこそ、私は前へと進むのだ。

夕方には、玄武洞へとたどり着き見学をする。
夕暮れ時には、他に観光客は居なかった。
兵庫車一人旅7-9

そして、日が暮れるころ竹野海岸へ到着。
旅のもう一つの最終目的地、その夕暮れは赤く美しかった。
真っ赤に燃える太陽、沈み行く夕日。ああ、なんて美しいのだろうな。
感動するたびに、日本にはまだまだ自分の知らない風景が広がっているのだろうと思いわくわくする。もっと旅したい、そしてその感動を多くの人に伝えられたら、どんなにいいだろうと思う。
兵庫車一人旅7-8
兵庫車一人旅7-11
兵庫車一人旅7-12


竹野では温泉に入り、鳥取砂丘を目指す。
兵庫車一人旅7-14

行ける所まで、走ろうじゃないか、最後まで自分らしくさ。
竹野は、明日探索することにする。


途中で見つけたどうでも良い写真
・のびた君とコウノトリ
兵庫車一人旅7-10

・田舎道に、ライトアップされてる悪趣味な道(笑)
兵庫車一人旅7-13

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する