【走行距離3000キロ】兵庫・京都へ車一人旅 八日目 5/4(土)

この記事も残す所、あと三日になりまりました。
更新が遅く申し訳ないですが、ここまでお付き合い下さり、ありがとうございます。
もうしばらく、おつき合い下さいませ。


【過去の記事】
兵庫・京都へ車一人旅 一日目埼玉〜富山
           二日目能登半島
           三日目福井
           四日目福井〜京都〜琵琶湖
           五日目京都舞鶴人情編
           六日目京都天橋立
           七日目伊根の舟屋群


***

5/4(土)
鳥取砂丘で迎えた朝日。
兵庫車一人旅8-1
兵庫車一人旅8-2
兵庫車一人旅8-3
砂丘を登るのには、思いのほかしんどい。
天橋立・伊根の舟屋群をで歩き疲れた私の体。
それでも私は歩き出す。見た事の無い風景を目指して。
いつか、友人との約束を果たしに、また来よう。
それまで、楽しみはとっておく。


鳥取砂丘を探索後、鎧駅に立ち寄る。
兵庫車一人旅8-5
兵庫車一人旅8-7
兵庫車一人旅8-6
青春18きっぷなどのポスターで有名なこの駅は、沢山の人が訪れていた。
残念ながら、そこに情緒らしさはないが、GWという事を考えれば仕方ない。
また、立ち寄る事があったら、鎧駅から余部駅へと乗車してみよう。



本当は、新しい余部鉄橋が建つ前に見学してみたかったものの、それは叶わなかった。
新しい余部鉄橋は観光地化されて、にぎわいがあり、あまりの人の多さに、立ち寄る事が出来なかった、残念!
兵庫車一人旅8-4
う〜ん、昔は赤い鉄橋が美しいところだったけど、このイラストなど必要だったのかな〜。



途中、香住町に立ち寄ったりしながら、但馬漁火ラインの絶景を堪能する。
兵庫車一人旅8-8


海が好きな人には、たまらない風景だろうな。
点在する漁村。こういう風景に惹かれるものがある。
兵庫車一人旅8-13
兵庫車一人旅8-14
兵庫車一人旅8-15

老夫婦が寄り添って、海藻を干していた。
その静かな営み。ここまで来なければ、出会う筈の無かった風景。
私と別の日常をいきる人たち。この人たちの歩んできた人生。
美しいなぁ。

それから、竹野海岸へ。
兵庫車一人旅8-10
兵庫車一人旅8-11
兵庫車一人旅8-12
少し雲があるものの、たどり着いた目的地。
青い空、透き通った海、白い浜、優しいその風景。
夏場にもう一度来てみたいなと思う。
この風景を求めて、私はやってきたのだ。
まさか、自分の運転で来れるなんて思ってなかったけど。
時間さえはあれば、もっと探索したい。そう思わせてくれる風景でした。


それから、竹野温泉に入り、目的地に別れを告げる。
兵庫車一人旅8-16


***

行き走行距離:約2000キロ(能登経由を含む)
ここから始まる、地獄の帰路。
この日は福井・若狭高浜まで、車を走らせる。
兵庫車一人旅8-17
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する